QA-CADソフトウェア ダウンロード及び初心者向け操作ガイド

はじめてのQA-CAD(ガイドブック入門編 日本語版)PDFは こちらからダウンロードできます。(Vol9.5 作成日2021年8月6日)

無料ダウンロード

QA-CADをダウンロードする際は、こちらのガイドブックも同時にダウンロードしていただきますようお願いいたします。

FAI検査ソフトウェアQA-CAD(14日間の無料試用版)をダウンロード (2021年9月6日作成 (v 2021 A.10))

無料ダウンロード

ダウンロードが完了するのを待っている間、基本的なQA-CADの操作を理解するために、以下のQA-CADビデオクリップをご覧になってください。

PDFファイル(ラスター形式、イメージデータだけ)から検査表EXCELファイルを作成する方法[YouTube(ユーチューブ)]

PDF内のテキストを選択してコピーできない場合、PDFは画像のみのタイプのPDFです。このビデオクリップは、OCRによって画像のみのPDFから寸法/公差、幾何公差等のデータを抽出し、それらを検査表EXCELファイルに出力、保存する手順を示しています。

QA-CADにおける自動バルーン機能 [YouTube(ユーチューブ)] NEW

このビデオクリップは、QA-CADの自動バルーン機能の使用方法を説明しています。自動バルーニング機能は、PDFファイル(イメージデータだけのラスター形式と文字データが付いたベクター形式の両方)やTIFF等の画像ファイル およびDWG / DXFファイルで使用できます。複数の寸法、公差、注釈等にバルーンを同時に追加するだけでなく、寸法公差値のデータを抽出し、検査表EXCELファイルに出力、保存します。

既存図面ファイルのバルーンデータを新しい改訂図面ファイルへ読み込んで使用する方法

図面の改訂版が届いた場合、既存図面のバルーンデータを保存しているCVMファイルをCVMXファイルに変換保存して、改訂版図面ファイル上にバルーンデータとして読み込みができます。 そうすることで、改訂図面が届いた場合でも、バルーン作成を一からやり直す必要はなく、既存図面ファイルのバルーンデータの変更必要箇所だけ更新することで、改訂図面のバルーンデータを簡単に作成することができます。